【牧場で働きたいと思っている方必見!】生産牧場のお仕事

2017/05/26

カテゴリ:色々なはなし / 人のはなし / Pacallaオリジナル

生産牧場のお仕事とは

生産牧場ではその名の通り、馬の生産がメインのお仕事です!

・繁殖牝馬の世話、種付け、お産(産まれた仔の世話も含む)
・牧場の管理系のお仕事(牧草刈ったり、牧柵直したり等など)

主に上記仕事がメインになるかと思います。
文章にしてみるとあんまりやることないように見えてしまうのですが、
実は結構忙しいです。具体的にどういう流れなのか見てみましょう!

 

生産牧場の1日の流れ

時間については季節や時期、各牧場によって変わりますが、大体こんな感じです。

 

AM:5:00 起床

起きてから着替えて厩舎に向かいます。
厩舎についたらまずは馬に飼い付け(エサやり)
馬がご飯を食べてる間に馬の状態をチェック。
(検温、手入れ、怪我をしてないか馬体のチェック)

上の作業が終わったら放牧へ
頭数にもよりますが、この作業だけで大体2時間くらいかかります。

 

AM:7:30頃 午前の仕事へ

朝ごはんを食べてからまた厩舎へ。
厩舎に着いたらボロ拾いをしてその後寝藁上げ。
この作業が結構重労働です。寝藁も馬の小便を含んでいるので結構重いです。

これら作業を各馬房分行って、厩舎の掃除をしたら大体昼前になってます。

 

PM:0:00~2:00頃 昼休憩

ここでやっと一息。
お昼ごはんを食べて、その後は人によって様々。
仮眠をとったり、用をたしに行ったりなど。

 

PM:2:00 午後の仕事へ

午後は午前中に干していた寝藁を馬房に戻し、ベッドメイキング。
馬たちが気持ちよく使えるようにセットしていきます。

それらが終わると大体夕方近くなってくるので、放牧に出していた馬たちを馬房に戻します。

戻した後は、手入れをしながら放牧中に怪我をしていないかチェックします。

全作業終了するころには大体17時くらいですかね。

 

PM:8:30頃 夜飼い

夕ご飯を食べて一息ついてから、夜飼いがあります。
厩舎に行ってボロ拾い、水の補充、馬にエサを与えて1日が終了します。
※お産がある場合は交代で馬の確認を夜通し行ったりもします。

キツイキツイと言われる牧場の仕事ですが、
実働としては8時間~9時間程度と思ってたよりは長くないなという印象です。
ただ、馬の時間に合わせて仕事をする為、拘束時間は長くなるのかなと思います。
この辺が馬が好きじゃないと続かないと言われるところでしょうか。

 

生産牧場で働く人のPOINT

実際に仕事内容だけをみてみると特殊な技術を必要としない為、働きたいという熱意さえあれば敷居は低いみたいです。

ただ、馬づくりという観点からみると細かい部分で工夫のできる人が向いている職種といえるかもしれません。

産まれた時から馴致と呼ばれる教育が始まっており、
・手入れの時に人が触れることに慣らしていく
・馬ごとの性格を把握し、その馬に適した教育を施す(しかるべき時に叱る等)
・その馬の癖をみてよい方向に矯正していく
などなど

こう纏めてみると人間でいうところの教師的な感覚を持っている人なんですかね?
簡単にいうとやはり馬が好きな人ということでしょうか(笑)

 

牧場で働きたい人へ

牧場で働きたいなと思っている方は下記のような牧場専門の求人サイトもありますので、
是非ご覧になっていただければと思います。

BOKUJOB:http://bokujob.com/

また、いきなり仕事に就くのはちょっと怖いという方。
すごく気持ちが分かります(笑)

牧場によっては1週間とか体験で働かせてくれるところもあるかと思いますので、
一旦連絡してみるのもありかもしれません!(ダメだったらすみません(笑))

馬が好きな人には本当に楽しい仕事だと思いますし、
自分が携わった馬が競馬場で走ってるところが見れたらこんな嬉しい事はないですね!

働きたいと思っている方は是非働いてみてください!

 

    記事をシェアする

    コメントを書く

    pagetop