【動画】北海道一ワイルド?!『摩周湖ホーストレッキング』体験記

2018/06/30

カテゴリ:Pacallaオリジナル

こんにちは!
4月より寄稿記事を提供させていただいております、BALOG編集部です。

先日、個人的に北海道の川湯温泉に行ってきました。
川湯温泉は、近くに摩周湖や屈斜路湖もがあることでも有名な温泉街。
せっかくですから、湖も堪能したいところですよね。

そんなわけで、今回は川湯温泉から摩周湖まで馬に乗って登って行くことに!
北海道一ワイルドだという噂の川湯パーク牧場『摩周湖ホーストレッキング』に参加してきました。

川湯パーク牧場

 

 

日本輓系種に乗って、摩周湖を目指す!

あいにく少々の雨が降っていましたが、予報ではどうやら止みそうということで、着替えを済ませると、牧場の方がさっそく馬たちを連れてきてくれました。

まず驚いたのは、目の前に現れた馬の大きさです。
ドサンコよりも、サラブレッドよりも大きな若一くんと沖丸くん。

日本輓系種 若一くん日本輓系種 沖丸くん

彼らは日本輓系種と呼ばれる、ばんえい競馬や馬車などに使われる馬たちです。
ただし、実際のばんえい競馬で活躍するような日本輓系種は、背中が丸みを帯びていて鞍が乗せづらいため、今回乗せてもらう2頭(若一くんと沖丸くん)は、ばんえい競馬のレースに出ている馬たちとは少し違う種類の馬の血が入っていて、乗馬に適した体形をしているそう。

沖丸くんは、体は見るからに筋肉モリモリの日本輓系種ですが、サラブレッドの血が入っているため、若一くんと比較すると顔の骨格がほっそりしているのがよくわかります。
また性格も、サラブレッドのちょっぴり神経質なところが遺伝して、水たまりは避けて通るとのこと(笑)。

≫日本輓系種とドサンコの違いについてはこちら

川湯パーク牧場から摩周湖までは往復4時間、そして行政の許可をとるのに5年もかかった、とても険しい山道を進むということで、日本輓系種のようなパワフルな馬が必要なんだそうです。

さて、インストラクターの方から馬のコントロール方法をレクチャーいただいたら、さっそく摩周湖を目指しますよ!

摩周湖ホーストレッキング

 

 

草原を抜け、スリル満点の山奥へ…!

川湯パーク牧場

最初の30分ほどは広々とした草原が広がり、とても気持ちの良いところを通ります。

6月だというのに、今朝の気温は地元の人もおどろく4度。
寒さは少々気になりましたが、心なしか雨も小降りになってきてなかなかいい感じ…?
…なんて、思ったのもつかの間。

山の中に入っていくと、雨はだんだんと激しくなり、薄暗く…気温はさらに低下…。
先導のインストラクターの方が、クマ除けのラッパ(ブブセラみたいな音がする)のようなものを吹いています。

 

 

ちなみに、不思議なもので、このラッパの音に反応するのはクマだけで、鹿やタヌキは逃げないのだそう。
実際に、ブザーを鳴らした後も鹿は発見することができました。

 

 

そんな山道を1時間も進むと、だんだんと道の傾斜がきつくなってきます。
最大の難所は斜度30度を超える、心臓破りの(?)坂!

筆者は何度もホーストレッキングを体験していますが、このレベルの急坂を馬で登ったことはありません。

でも、そこはさすが日本輓系種!
人間を背に乗せたまま、勢いよく急坂を駆け上がっていきます。
これが本当にスリル満点で、もう感動の域!
身をもって、馬たちの並々ならぬパワーを感じることができました。

また、馬たちは人間の『がんばれ』という言葉に反応するそうで、声をかけるとますます頑張ってくれました。

この難所を乗り切ったあとも上り坂は続き、クマザサの中をかき分けてゴールを目指します。

馬をつないでおくことができる平地までたどり着いたら、頑張った馬たちには天然のサラダバーのご褒美が。
気温0度に近い山の上でも、馬たちは元気に草を頬張っていました。

摩周湖ホーストレッキング

 

 

徒歩で最後の傾斜を登ると、そこには

馬たちがサラダバーで休憩をしている間も、人間たちはさらに徒歩で山を登ります…!
長靴を履き、軍手もしていましたが、6月にこの気温は想像をしていなかったため、かじかんで手足が思うように動きません…。
普段であれば数分で登れそうな坂道に、だいぶ時間がかかってしまいました。

しかし、念願の絶景ポイントにたどり着くとそこには…


なんにも見えないーーーーー!!

悪天候により、摩周湖の絶景はおろか、通常ならここで食べるはずのおにぎり弁当も強風で食べられないというまさかの状況に(笑)。

▼下図は晴天時、絶景ポイントから見た摩周湖

馬で行く摩周湖の絶景スポット

最後はちょっと残念でしたが、険しいコースと悪天候、そして馬たちのダイナミックな動きが相まって『北海道一ワイルド』と言われるにふさわしい、最高にスリリングなホーストレッキングを堪能することができました!!(次に川湯温泉にくるときには、必ずリベンジをしたいと心に誓い下山しました。)

いかがでしたか?

ほぼ馬に乗るのは初めてだった同行者も、ともに大冒険を乗り切った馬たちのことが大好きになったそう。
摩周湖ホーストレッキング、ぜひお天気がよさそうな時に(←これ大事!)チャレンジしてみてくださいね。牧場のみなさん、若一くん&沖丸くん、本当にありがとうございました!

 

 

おまけ(GoPro動画)

帰り道は、同行者の頭にGoProを付けてもらって下山してみました。
雨で、少々見づらいですが、よろしければこちらの動画もご覧くださいませ!

 

 


<取材協力>

川湯パーク牧場
http://www.big-hokkaido.com/park-bokujo/

■摩周湖ホーストレッキング 

・完全予約制・昼食(おにぎり)付き・雨天中止
・1頭に付 ¥21,000
(※お一人で参加する場合、当日、他に参加者がおらず、お一人のみで実施する事になった場合には、料金¥30,000となります。)
・集合時間:AM:8:00 (パーク牧場に集合)
・所要時間:約4時間   

    記事をシェアする

    pagetop